事業報告書

  1. 実施事業等
    1. 助成金事業
      (1)災害の防止並びに軽減に関する研究の助成
      ①若手研究者への研究助成
      当法人が開設するホームページに掲載し、国内外に公募したところ7名から応募(3,100千円)があり、若手研究者研究助成金選考委員会において審査した結果、5名に対して研究の助成を行うことを決定し、総額2,000千円の助成金を交付した。助成対象者等詳細は下表のとおりである。
      氏名 所属等 研究課題 助成額
      和田 孝志 京都大学大学院農学研究科
      博士後期課程2年
      混合粒径材料からなる土石流の分級機構に関する研究 500,000円
      土肥 裕史 京都大学大学院工学研究科
      博士後期課程1年
      地域環境を考慮したコミュニティにおける津波避難開始シミュレーション手法の開発 400,000円
      Rishi Ram Parajuli 京都大学大学院工学研究科
      博士後期課程1年
      Determination of effective earthquake early warning system for highway drivers 400,000円
      伊藤 麻衣 神戸大学自然科学系先端融合研究環重点研究部
      助教
      既存骨組の耐力と剛性を考慮した間柱型ダンパの耐震補強設計法の構築 400,000円
      野口 恭平 京都大学大学院工学研究科
      博士後期課程1年
      構造物へ付着する塩分量の部位別予測と広域的かっ効果的な維持管理への適用 300,000円
      5名 5件 2,000,000円
      ②研究発表会等共催(後援)の助成
      当法人が開設するホームページに掲載し、国内外に公募したところ7件の応募(3,410千円)があり、業務運営委員会において審査した結果、6件に対して助成することを決定し、総額2,000千円の助成金を交付した。助成対象等詳細は下表のとおりである。
      名称 開催日 申請者 助成額
      地震・自然災害のための測地学国際シンポジウム(GENAH2014) 7/22~7/26 京都大学防災研究所 
      教授 橋本 学
      300,000円
      第19回水シンポジウム2014 in ながさき 8/21~8/22 京都大学大学院工学研究科 
      教授 立川 康人
      300,000円
      第14回地盤力学における数値法と最近の進歩に関する国際会議、The 14th International Conference of the International Association for Computer Methods and Advances in Geomechanics 9/22~9/25 京都大学 
      名誉教授 岡 二三生
      300,000円
      第33回自然災害学会年次学術講演会、平成26年度自然災害に関するオープンフォーラム「南九州・南西諸島海域における巨大津波災害の想定」 9/23~9/25 鹿児島大学大学院理工学研究科 
      教授 浅野 敏之
      300,000円
      26年度京都大学防災研究所研究発表講演会 2/23~2/24 京都大学肪災研究所 
      所長 大志万 直人
      400,000円
      第6回国際土石流災害防止会議 2015/6/22~
      2015/6/25
      第6回国際土石流災害防止会議実行委員会 
      実行委員長 西本 晴男
      400,000円
      6件 2,000,000円
      なお、これら①及び②の事業に要する資金を調達するため、防災調査研究助成基金のうち4,000千円を取り崩した。
      ③奨学寄附
      災害の防止・軽減に関して、自由な発想の下に独創的な研究を行っている国立大学法人等に対する助成として、平成26年度は京都大学に2,000千円の奨学寄附を行った。
    2. 知識普及事業
      (1)災害の防止並びに軽減に関する知識の普及
      ①研究報告の作成
      研究論文(報告課題数28件)を取りまとめ、「研究報告第37号」(別冊)を作成した。
      ②ホームページによる公表
      上記の「研究報告第37号」に収録した28編の研究論文を、当法人が開設するホームページに掲載し、広く内外に公開した。
      (2)研究報告に係る原稿執筆等謝金の支給
      「研究報告第37号」及び「研究報告第38号」の作成及び公表のため、原稿執筆等謝金として7件1,711千円を支給した。
    3. 自主研究事業
      (1)災害の防止並びに軽減に関する自主研究(課題研究等)の実施
      下表のとおり、合計7件、研究受託に基づかない自主研究を実施した。
      研究分担課題 担当者
      防災科学技術情報基盤の形成とその活用の研究 亀田弘行
      深層崩壊発生危険度予測手法の開発 佐々恭二
      地すべり発生機構と移動機構の解明 末峯 章
      気象災害要因の観測的及びモデリング研究 石川裕彦
      地下地質体の高精度評価 山田泰広
      越流による河川堤防の決壊に関する研究 中川 一
      地下構造物の耐震性に関する研究:トンネル、地下空洞の地震時挙動の評価、及び耐震性向上に関する事例調査、及び解析的研究 朝倉俊弘
  2. その他事業
    1. 受託研究事業
      (1)災害の防止並びに軽減に関する調査及び研究
      下表のとおり、合計52件、99,595,634円の研究委託を受け、調査及び研究を実施した。
      調査研究事項 担当者
      (平成25年度から継続研究の分)
      ジオシンセティックスによる効果的な支持力増加法 中井照夫
      平成26年度鉄道橋脚の耐震安全性評価に関する研究 清野純史
      生野大橋斜ケーブルの耐風安全性に関する検討(その2) 白土博通
      各種超音波法を用いたPCグラウト不良検出手法の開発 塩谷智基
      地盤環境の保全に関する研究 嘉門雅史
      モジュラーチ工法の適用性に関する研究(その8) 木村 亮
      地すべり水脈の把握 末峯 章
      「事業継続計画(地震編)」(BCP)の策定を進めるにあたり、重要業務および資源等を特定するための効果的な業務分析手法の開発及び開発した手法を使った業務分析の実施とその効果の検証(1) 林 春男
      低周波震源装置を用いた海底資源探査についての調査研究 三ヶ田 均
      振動圧密試験の数値解析 張 鋒
      軟弱地盤の改良に関する研究(その6) 嘉門雅史
      (1)フル・ウェーブフォームを用いた弾性波探査手法の高精度化に関する研究および調査
      (2)バーティカルケーブル方式反射法地震探査(VCS)データに対するEOM処理手法適用の検討
      三ヶ田 均
      FLIPプログラムの東日本大震災の諸問題への適用検討調査 井合 進
      プレキャスト構造物の耐震設計法並びに構造物の健全判定(その3) 木村 亮
      地すべり危険度予測手法の研究 佐々恭二
      ダム調整池堆砂対策に関する研究(平成26年度) 高橋 保
      貯水池への土石流の突入に関する基礎調査(H26年度) 江頭進治
      「事業継続計画(地震編)」(BCP)の策定を進めるにあたり、重要業務および資源等を特定するための効果的な業務分析手法の開発及び開発した手法を使った業務分析の実施とその効果の検証(2) 林 春男
      非破壊評価技術による橋梁床版の健全性診断技術開発に関する研究(その2) 塩谷智基
      表面波を用いた非破壊診断評価技術の開発に関する研究 塩谷智基
      インフラ構造物に対するセンシング評価技術に関する研究 塩谷智基
      復興庁「新しい東北」先導モデル事業(コンパクトな地域づくりを目指した地区防災計画立案技術の開発) 林 春男
      (平成26年度新規受託による調査研究)
      降雨による地盤剛性の変化が盛土の地震時変形量に及ぼす影響の調査 一井康二
      巨大台風シミュレーションモデルの開発 西嶋一欽
      JR九州管内の構造物の耐震安全性評価に関する研究 清野純史
      岩石風化時の体積変化における元素移動に関する文献調査 千木良雅弘
      開削トンネルにおける地震時縦断方向の挙動に関する検討業務 澤村康生
      砂防鋼構造物の開発ニーズに関する研究 水山高久
      パイルベント橋脚解析手法の検討 清野純史
      開発途上国の社会・経済開発のための民間技術普及促進事業(JICA民間技術普及促進事業)ICT活用によるサスティナブルな防災・減災支援事業 澤井健二
      平成26年度 無筋橋脚挙動解析に関する研究 古川愛子
      秋田県下の女川層の岩相・石油相の記載とそのシエール資源価値評価の基礎研究 松岡俊文
      ①補強鋼板剥離検出に向けた適用技術開発 ②MEMS広帯域AEセンサの実構造物適用開発 塩谷智基
      無線塔の耐震性評価に関する調査 清野純史
      地中レーダデータ解析処理方法の検討(フェーズ2) 松岡俊文
      中心誘導法に関する計測手法およびモニタリングに関する研究 楠見晴重
      チェーンを補強材に用いた補強土壁工法の耐震性に関する研究 木村 亮
      油圧式ドリルの打撃振動を利用した地山評価に関する研究 石田 毅
      デジタルオイルを用いた由利原油田でのガス圧入によるEOR法の基礎研究 松岡俊文
      円筒金網およびチェーンを用いた補強土の耐震解析 肥後陽介
      M川上流部水理解析に関する研究 中川 一
      不飽和地盤の引張強度の設定法に関する検討 一井康二
      非破壊評価技術による橋梁床版の健全性診断技術開発に関する研究 塩谷智基
      デジタルオイルモデルの作成とアスファルテン析出問題への適用 松岡俊文
      インフラ構造物に対するモニタリング技術開発に関する研究 塩谷智基
      地震時における高速道路上の走行車両の挙動解明に関する検討業務 清野純史
      強震動予測レシピの高精度化 入倉孝次郎
      地盤改良を併用した杭基礎の耐震補強に関する研究 木村 亮
      液状化解析に資する構成式の高度化に関する研究 岡 二三生
      水質管理を考慮した貯水池地形管理手法に関する研究 角 哲也
      地熱井、配管中のスケール成長予測シミュレーションの研究 三ヶ田 均
      東日本大震災により被災した石造アーチ橋、常磐橋の保存修理方針及び構造補強方針検討のための解析的研究 木村 亮
      (2)災害の防止並びに軽減に関する研究の助成並びに災害の防止並びに軽減に関する知識の普及に係る事業に対する支援
      ①奨学寄附
      災害の防止並びに軽減に関する研究助成の一環として、下表のとおり奨学寄附を行った。
      寄附先 件数 金額
      国立大学法人京都大学 7 5,200,000
      国立大学法人広島大学 1 700,000
      国立大学法人新潟大学 1 2,000,000
      立命館大学 2 1,100,000
      産業技術総合研究所 1 1,000,000
      12件 10,000,000
      ②知識普及事業の強化
      「研究報告第37号」及び「研究報告第38号」の原稿執筆等謝金を支給するために必要な資金1,711千円を、知識普及事業へ繰り入れた。
  3. 総務事項等 平成27年3月31日現在
    1. 会議等の開催
      (1)評議員会
      平成26年6月20日(金) 開催
      平成27年3月24日(火) 開催
      (2)理事会
      平成26年5月15日(木) 開催
      平成27年3月 6日(金) 開催
      (3)委員会
      ①業務運営委員会(奇数月の第2金曜日)年6回開催
      但し、7月は台風の影響により延期し、7月18日開催
      ②若手研究者研究助成金選考委員会 平成26年7月18日 開催
    2. 評議員・役員等
      (1)評議員[5名]
      評議員会会長 渡邊英一
      評議員 澤 孝平
      陳 活雄
      中村嘉次
      水原邦夫
      (2)役員[理事5名、監事2名]
      理事長 高橋 保
      会計理事 嘉門雅史
      総務理事 水山高久
      理事 池淵周一
      井上和也
      監事 田中寅夫
      井尻恒博
      (3)研究員
      常勤研究員 1名 非常勤研究員 165名